通信制高校とは?メリット・デメリットを紹介


通信制高校とは一体何?

学習スタイルは、毎日学校に通い、朝から夕方まで授業をうける「全日制高校」のスタイルが一般的ですが、他にも多用な学び方ができる「定時制高校」や「通信制高校」といった学びのスタイルがあります。通信制高校とは、その名の通り通信教育で学習するスタイルの高校のことです。卒業する条件さえ満たせば、他のスタイルと同じように、高校卒業の資格を得ることができます。

通信制高校のメリットとは

通信制高校のメリットは、自由度が高いということです。全日制や定時制と違い、毎日学校に通う必要がなく、自分の時間が取りやすいのです。時間の融通がきくため、すでに仕事をしている社会人でも、通信制高校に通うことができます。通信制高校でも、スクーリングで学校で授業を受けなければなりません。スクーリングは学校にもよりますが、月に1~10日となっているので、自由度が高いことに変わりはありません。また、通信制高校では、15歳から70歳を超える色んな年代の人たちが集まっています。通信制高校は年齢制限がなく、スクーリング以外は誰とも顔を合わせる必要がないため、年齢を理由に学校に通いにくい人でも通いやすいでしょう。

通信制高校のデメリットとは

通信制高校は基本的に自学自習が基本です。自由度が高い通信制高校ですが、学校が細かく面倒を見てくれる環境ではないため、自らが積極的に勉強に取り組む必要があります。自己管理能力が低い人は、勉強する気になれず、何年も在学したり、登校したくなくなったりという問題が出てくる場合があるでしょう。自宅ですぐにゲームやネットやテレビなどの誘惑に負けてしまう人は、あまり向いていないかもしれません。通信制高校では、目標設定や目的意識を保つということが大切です。

通信制高校を埼玉で選ぶなら無理なく3年間で卒業が可能で、学校教育法で高等学校と認められている所を選ぶことをおすすめします。

Related Posts